このエントリーをはてなブックマークに追加

トレーナーだってある

ペットを飼ってもっとも大変なことは、しつけではないでしょうか?
特に、犬の場合、群れを好む動物であり、飼い主との間に、きちんとした主従関係ができないと、いろいろな粗相を起こします。
本来、家族のリーダーとなるべきでない犬が、リーダーとなってしまい、自分でもどうにもしようがなく、粗相を繰り返すようです。
そういうことも関係があるのでしょう。
ドッグトレーナーのよって、しつけのやり直しを依頼する飼い主がいます。
もちろん、ドッグトレーナーも、アルバイトで就業できるようになっています。
今では、ドッグスクールというものもあるようで、そこに何日間か、愛犬を入学させるようです。
そうして、トレーナーから種々のしつけをされ、そうして、粗相のない犬へと変わるようです。
トレーナーの場合、他人の犬であるので、扱いに戸惑う人もいるかもしれません。
この点では、ペットシッターと似ています。
しかし、ベテラントレーナーであれば、粗相のひどい犬でも、すぐに従うようです。
それもまた、ベテランの技でもあるのかもしれません。
また、スクールで就業しますが、飼い主から依頼があれば、自宅へ赴き、しつけのやり直しをすることもあるようです。
これは、出張扱いとなりますが、階段の上り下り、あるいは、トイレなどのしつけが代表的なようです。
一説によれば、犬は信頼関係があれば、数分でしつけを学ぶようです。
そうであるからこそ、ドッグトレーナーという職業があるのでしょう。
ちなみに、似たようなもので、警察犬訓練士というものがあります。
これは、その名の通り、警察犬を育成する仕事をします。
Copyright (C)2017動物と触れ合うバイトがこんなにあった.All rights reserved.