このエントリーをはてなブックマークに追加

ペットシッターで働く

ペットを飼う理由は、人それぞれでしょう。
単に寂しいからという費とも言れば、単純に好きだから、という人もいるようです。
ペットの中でも、特に犬は、主人に忠実であり、どこまでも従うという特性があります。
それだからこそ、手放せない、という人も多いようです。
しかし、そうであっても、生活のために仕事で家を空けることがあります。
あるいは、家族旅行などで、犬や猫を長期で留守番させておく必要があります。
その際、犬や猫などの世話をするのが、ペットシッターです。
人の赤ん坊の場合、ベビーシッターというのがありますが、そのペット版です。
飼い主の家へ行き、飼い主の代わりにペットの世話をします。
犬であれば、散歩に連れて入ったり、あるいは、食事を与えます。
そうして、飼い主の代わりになることが、要求されるようです。
当然、アルバイトで募集がなされ、資格がなくても、就業できます。
しかし、ペットシッターの難しい点は、飼い主のしていることをすぐに理解し、それを実践することです。
さらに、難しい点は、ペットの相性のようです。
ペットが好き、飼い主が気に入ってくれた、と言っても、肝心のペットとの相性が悪ければ、世話もできないというのが、現状のようです。
中には、飼い主の方から、ペットと相性が悪いので人を変えて欲しい、との要望があるようです。
これもまた、相手が人でないことの難しさでしょう。
けれども、ペットの場合、子供と同様、飼い主がペットに反映されるようです。
特に犬であれば、その傾向が強いため、飼い主がどう人であるかを理解することも、ペットシッターにとっては、大事なことではないでしょうか?
Copyright (C)2017動物と触れ合うバイトがこんなにあった.All rights reserved.