このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師や介護師もある

少子高齢化の世の中では、人手不足が懸念され、特に医療業界では、万年人手不足でもあり、憂慮されているところです。
看護師が必要とされ、今では海外からも人材を集めているようですが、なかなか進んでいないのが現状のようです。
そんな人に対する看護師がいれば、動物に対する看護師もいるようです。
これは、最近になって、人気を呼んでいるようですが、人の看護師と同様、医師と動物をサポートし、なおかつ、飼い主との間のコミュニケーションを大事にするものです。
少子高齢化のことについて触れましたが、それに伴い、ペットを飼う人が増えています。
同時に、ペットの家族化も進み、我が子のように接している人も大勢います。
そのため、病院に掛かると、非常に心配してしまう人もいます。
これは、人の場合でも同様であり、それを和らげるのが、看護師の大事な務めです。
いわば、心のケアというものになるでしょう。
動物看護師も、資格がありますが、国家資格ではありません。
公的資格であり、いくつかの団体が主催しています。
また、働く場所と言えば、動物病院になりますが、個人経営のところが多く、なかなか求人が見つからないケースがあるようです。
もちろん、アルバイトにおいてもです。
しかし、ペットショップなどでも、動物のケアをする必要があり、仮に資格を得ているのであれば、それを活かすこともできるようです。
ただし、動物看護師として働くには、資格の有無は関係ありません。
それがなくても、アシスタントのように雇用されるようになります。
けれども、動物に関わった経験がないのであれば、資格を取得しておくことで、アピールポイントにはなるでしょう。
Copyright (C)2017動物と触れ合うバイトがこんなにあった.All rights reserved.