このエントリーをはてなブックマークに追加

獣医師でもアルバイト

ペットと関わると言えば、やはり、最初に思い浮かぶのは、獣医師ではないでしょうか?
医師というからには、治療を主としますが、予防にも関わったり、あるいは、ペットを大事にする啓蒙活動に、積極的に関わっている獣医師もいます。
もちろん、免許を必要とし、獣医学部などで知識や技術を学び、なおかつ、獣医師国家資格試験に合格する必要があります。
医師は、メスを使える唯一の職種ですが、獣医師は、動物に対し、それが認められています。
国家資格試験よりも、獣医学部への入学の方が難関であるようで、この点でも、医師と共通しているようです。
こんな獣医師でも、アルバイトで従事している人がいます。
研修医のような立場で勤めている人もいますが、然るべき資格を得て、就業している人もいるようです。
あるいは、兼業をしていることもあるようです。
獣医師と言えば、動物病院を経営できるようなイメージがありますが、すべての人が成功する訳ではありません。
中には、共同経営をしている人もいるようです。
この点でも、医師と似ているところです。
また、アルバイト先も、動物病院ばかりでなく、畜産関係もあります。
あるいは、非常勤として、公的機関に勤めることも、一種のアルバイトのようでもあります。
さらに、食品関係の企業にも勤め、動物を使った加工品の検査などに関わっているようです。
いずれにせよ、ペットを扱う職種としては、獣医師は、代表的なものです。
中には、個人で病院経営をするために、敢えてアルバイトで資金を貯めている人もいるようです。

就職・転職・求人やアルバイト関連のハナシは、このサイトでチェックしてみてください

Copyright (C)2017動物と触れ合うバイトがこんなにあった.All rights reserved.